TOPICS「猪名小日記」 令和3年度2学期(その3)

12月24日(金) 晴れやかに終業式

きれいに晴れ渡った空のもと、終業式を行いました。教室では冬休みの暮らしや宿題の説明を受けたり、「はげみ」を一人ひとり言葉を添えていただいたりしました。最後にタブレット端末も手渡されました。どの学年の子どもたちも先生方も晴れやかな表情をしていました。本年もたくさんの方々にお世話になり、ありがとうございました。また、来る年もどうぞよろしくお願いいたします。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

12月23日(木) 猪名商店街

6年生が学級会で話し合って計画した「猪名店街」を開きました。お客さんは1年生です。6年生は小さな1年生が本当にかわいいようで、とっても良い雰囲気の商店街になっていました。お客さんの1年生は大喜びですごしていました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

12月22日(水) 卒業アルバムの撮影

6年生は卒業へ向けてどんどん進んでいきます。「好きな食べ物は何ですか?」と聞かれて、「ハンバーグが好き!」でシャッターが切られました。笑顔の卒業アルバムになりそうです。

 

 

 

 

 

12月20日(月) 丹波少年自然の家の「出前授業」

自然学校の続きのプログラムとして、5年生が、丹波少年自然の家の出前授業を受けました。3名もの指導者が青垣から来てくださいました。班で協力しながら、ヒノキの丸太をのこぎりで切ってやすりで磨き上げ、コースターに仕上げていきました。のこぎりだけではなくて、色んな道具を子どもにもっと使わせていかなければならないと思いました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

12月16日(木) いなぼうアタック

猪名川町教育委員会からインストラクターを派遣していただいて、子どもたちの体力向上をめざしたダンス講習に全学年で取り組んでいます。今日は2年生。入念にストレッチをした後、鬼滅の刃のテーマ曲に合わせ、楽しく汗をかきました。インストラクターの元気な掛け声に引っ張られるように、どんどん動きがよくなっていきます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

12月16日(木) スクールカウンセラーによる心の授業

スクールカウンセラーが6年生で心の授業を行いました。思春期に起こる心の変化やどのように自分の気持ちと向き合っていったらよいのか学びました。「こんな風に感じているのではありませんか」というカウンセラーの問いかけにうなずきながら授業をうけていました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

12月14日(火) ダイハツものづくり体験教室

社会科の工業の学習とキャリア教育を兼ねて、5年生はダイハツ工業様の出前授業に来ていただきました。プレス加工や塗装、部品の組み立てなど、実際の工具を使って体験的に学びました。特にブロックを部品に見立てて、生産ラインで自動車を組み立てていく作業は、みな真剣に取り組んでいました。チームワークが大切で、その成果である完成車の検査で見つかる不良の有無に、みなで一喜一憂歓声を上げていました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

更新日:2021年12月27日 09:27:32